本日の雑感(寝ている日本人)

6月15日付、オーストラリアの幻視者、ウイリアム・コステリアへのメッセージ(あと8ヶ月後か?)によれば、第三次世界大戦ウクライナベラルーシで始まるとのこと。
 
 黒海の北がウクライナベラルーシは隣接してその北に位置しています。ロシアにとって、黒海は重要な海です。なぜなら、凍らず地中海へと抜けられる重要拠点であるからです。6月28日より7月の14日までだったか、ウクライナNATO軍が軍事演習中です。32ヶ国、五千人、軍艦32隻、航空機40機、日本の自衛隊も参加しています。 すでに、英海軍の巡洋艦が20機のロシア軍機に警告射撃を受け、オランダの艦艇はレーザー照射され沈没寸前だったようです。いつ、大掛かりな衝突に発展するのか分かりませんが、戦争状態になると株式市場の崩壊、それに伴って紙幣が紙切れになります。
 
紙幣は日銀が発行しています。日銀は単なる株式会社です。つぶれれば、紙幣は価値を失います。コインの発行元は政府です。日本政府がなくなれば、コインはその価値を失いますが、金属としての価値は残ります。 紙幣を大量に保管するのは得策ではありません。と言って、コインを大量に持つのも得策ではないでしょう。聖母は何と言われましたか? 
 
紙幣を賢く使ってください。ゆめゆめ、紙切れとなった紙幣を持って途方にくれないように。お中元には保存食を送りましょう。教会は閉まっていますが、よき司祭のために使ってください。天のために活動している団体を援助してあげてください。 ご家族のため、そして貧しい人々のために使ってください。
 
 お金は賢く使ってください。。お願いします。