オーストラリアの幻視者、ウィリアム・コステリアへのメッセージ(1月31日のメッセージを6月23日に公開)①

2022年1月31日付メッセージ(2022年5月31日に書かれる。)

ウィリアム:

なぜだか分かりませんが、イエズスが要求されたように私はしました。

早朝4時35分、私はイエズスに話してくださるようにお願いしました。白い十字架が、私の左側で輝いています。なぜなら、私の部屋は私の目の前に広がり、そこは聖地の中だからです。イエズスは、全身白いお召し物で私の前に立たれています。彼は輝く光の中に立たれており、聞くように促されます。イエズスは話されます。

主:

天にとって最も喜ばしい愛する息子よ、お前に挨拶をする! 今日の祝されし御母の祝日に、お前がこのメッセージを受けとることは、我が神の御旨であった。我が子よ、お前が我が民に準備を促すことは、非常に重要である。なぜなら、世界は私の愛と慈悲を脇に置くことに決めたので、神の慈悲の行為は、この瞬間からなされるからだ。世界は、我が聖なる意思よりもサタンの意思を受け入れているが、我が聖なる慈悲は、非常に深刻なこの時間の間、役に立つだろう。子供たちよ、お前たちは我が愛の心が言うことに耳を傾けないだろうから、私は天罰を多くの大国に送り、この世の出来事に埋もれて眠っている魂を目覚めさせるだろう。

今年は、翌年に向けて、大きな苦しみを経験するだろう。なぜなら、我が子供たちは私の方へ向き直っていないからだ。人類が過去三年間に三つの巨大な天罰を受け取ったにもかかわらず、私の方へと動かなかったからだ。

ヨーロッパは、空爆によってショックを受けるだろう。それは、多くの北欧諸国が体験することで、これらの国々は早急にヨーロッパを守るためにNATOに加盟することが望ましい。

子供たちよ、なぜお前たちは、第二次世界大戦を通して体験した苦しみを(再び)お前たちの仲間に味会わすのか? それが何をもたらすのか忘れてしまったのか? 子供たちよ、私が70年の間、特別な恵みと平和をお前たちに与えたのをなぜ忘れたのか? 私が、我らの子供たちに求めることは大げさなことだろうか? 私はお前たちが互いに愛し、仲間のためによき仕事をすることを求めている。子供たちよ、私は何をすべきなのか? 求めるすべては、聖なるロザリオと御憐れみのチャプレットを祈り、私に罪深い生活の許しを請い、互いに愛し合うことだけなのだ。

2千年以上もの間、我が選ばれし民であるイタリアは、あたかも私を十字架に架けた者のように、自身を売ってしまった。お前たちの国にどれほど多くの聖人を私は立てたのか? バチカンは、反キリストによって破壊されるだろう。なぜなら、彼は救いのしるしを憎んでいるからだ。覚えておきなさい、子供たちよ。お前たちは、世界がサタンによって破壊される終わりの日々を生きていることを。しかし、私は世界を救い、それを浄化するだろう。最後には、反キリストは取り除かれ、この世界が変えられるだろう。

中東は、ヨーロッパを侵略すべき準備している。それは、ヨーロッパの(キリスト教)信仰を恐ろしく破壊する原因となる。だから、祈るのだ、愛する子供たちよ。地上の多くの場所が、大いなる清めを体験するだろう。

中国は、(ロシア以外の)もう一方の大国で、多くの痛みと苦しみを生じさせるだろう。戦争は、間もなく台湾で勃発し、その後、中国が支配し、米国が巻き込まれる。中国は多くの国を侵略するが、インドによって阻止されるだろう。なぜなら、中国は、ロシアと中国軍が攻めている、米国カリフォルニアの海岸線方面へと軍団を早急に移動させるからだ。

インドネシアでの噴火は、環太平洋火山帯ベルトが影響され世界は苦しみ、これは世界の気候に影響を与える。南太平洋の島々は、海面が上昇し苦しむだろう。そして、中国が侵略して来る。

多くの多くの国が、多くの天罰を体験し、人類が自分たちがもたらした破壊を生活の中で目の当たりのする時、彼らはひざまずき、助けと慰めを私に求めるだろう。その時、時が止まり、人類を目覚めさせるために、栄光の白い十字架が世界に降りて来るだろう。世界は大警告を受けて、暗黒の三日間が送られ、大いなる暗黒の中で、自身の罪の許しを模索しない者たちは、その瞬間に地獄へと落ちるだろう。だから、私は警告を送るのだが、罪の中に留まることを自分自身に許してはならない。

人類が私を忘れているがゆえに、世界は大きな苦しみの中へと入ってゆくだろう。だから、まだ我が神なる憐れみが残されている内に、私は7歳以上のあらゆる魂に、今、私の方を向くように求めるのだ。甘美なる子供たちよ、私はお前たちがすべきことを注意深く考えてくれることを願っている。祈り、祈り、祈るのだ。そして、告解をし、聖体拝領をしなさい。時が足早に過ぎさるゆえに、出来る限りの敬虔さをもって私と一致しなさい。

私は、子供たちに、聖なる母教会の我が最後の代理人(翻訳者注:ペテロ2世)のために祈ることを願っている。なぜなら、現在の代理人である教皇ベネディクトは、地上を去ろうとしているからだ。だから、教皇ペテロ2世となるであろう最後の代理人のために祈ることを忘れてはならない。(さらには教皇を名乗っている)フランシスのために祈ることを忘れてはならない。そうすれば、彼は救われるだろう。

息子よ、与えられたメッセージが、過去の多くのものとよく似ていることは承知しているが、それは非常に深刻なことであり、子供たちはいますぐ(祈りの)行動を起こさなければならない。今日の聖なる御母の祝日に、私の今日の指示に従うそれぞれの魂に、彼らを守り、私が地上に戻るまで彼らと共にいてくれる一位のセラフィムの天使を与えよう。

 

子供たちよ、私はとてもお前たちを愛している。そして、祝福する。お前たちを愛しておられる我が最も聖なる御母は、今日お前たちが受け取るであろう偉大な天使と共に、お前たちに祝福を送られる。そして、我が聖なる御心の大切な息子であるお前は、今日、数位の偉大な天使を受けるであろう。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

管理人・・・なぜ今年の1月31付のメッセージが今頃公開されるのか、当初不思議に思いました。この時は、まだロシアはウクライナに侵攻しておらず(ロシアのウクライナ侵攻は2月の24日頃ですので)、北ヨーロッパの国々が空爆されるなどのメッセージは(最近言われるようになった情報であり)、メッセージの信頼性を多くの人が疑うため、時が熟した今の時期に公開されたものと推測しています。